トップ >多伎の郷のご紹介|理念・基本方針 沿革

多伎の郷のご紹介

社会福祉法人 多伎の郷 法人理念

理念 基本方針 行動指針
「優しい心で寄り添います」
真心で、安心・安全を提供する多伎の郷
  1. 利用者の人格を尊重し、常に利用者の立場に立った適切なサービスの提供に努めます。

(1) 利用者・家族のニーズを把握し、常に利用者の立場に立ち誠意を持って応えます。

(2) 利用者の声に耳を傾け、利用者の気持ちに寄り添い、丁寧で優しい言葉で接します。

「利用者の満足が職員の喜びです」
笑顔あふれる多伎の郷
  1. 職員間の信頼関係に基づいた連携を図り、笑顔で支え合う職場作りに努めます。

(1) 誰にでも、気持ちよく元気に挨拶をし、明るく温かい職場を作ります。

(2) 各職種の業務を理解し、異なる職種が自分の持っている能力を最大に引き出せるようにコミュニケーションを深めます。

  1. 専門職としての誇りを持ち、仕事に喜びを感じられるような人材育成に努めます。

(1) 各職種が専門性を発揮し達成する喜びを共有します。

  1. 職員は常に自己研鑚に励み、質の高い職務に取り組みます。

(1) 研修は積極的に参加し、資格取得を目指します。

(2) 各自が目標を掲げ、福祉の専門職として資質の向上に努めます。

「地域とともに歩みます」
地域に必要とされ、地域から信頼される多伎の郷
  1. 地域のニーズに応じたきめ細かで多機能な福祉サービスの提供に努めます。

(1) 地域の情報を取り入れ、地域への積極的な情報開示、情報提供等に努め、地域住民が安心して円滑にサービスが受けられるようにします。

(2) 地域のニーズを把握し、各施設の特性を生かしたサービスを提供します。

  1. 地域との交流を図り、安心して住み慣れた地域で生活できるように支援します。

(1) 高齢者と子どもたちの交流の機会を増やし、地域で共に生活している実感がもてる環境を作ります。

  1. 法人の基盤強化、健全経営に努めます。

(1) 各種法令を遵守します。

(2) 無駄を省き、経費削減に努めます。

(3) 経営状況を公表します。

(4) ニーズに応じた新たなサービスの検討・取り組みを行います。

 

理事長挨拶

 昨今、超少子高齢化社会に対する不安を、誰もが身近な問題として抱える時代になりました。自分自身や家族が、保育や介護などの福祉サービスが必要となったとき、良質のサービスを受けたいと思うのは自然なことです。 そのため、社会福祉法人「多伎の郷」では、利用者のご意向を十分に尊重し、保健・医療・福祉サービスとの連携を図り、創意工夫に努力し、お一人おひとりにとって最適な福祉サービスを、安全・安心・安楽に、また誠実に思いやりを込めて提供したいと取り組んでおります。

  また職員の資質向上を図るために、職員間の交流を深め、切磋琢磨し、自己研鑽に努め、社会の発展に応じた広い視野を持った人財を育てていきたいと考えております。 地域に根差した、身近で信頼される医療介護福祉の総合的機関として、微力ながら地域の社会福祉に貢献できるよう努力してまいる所存でございますので、今後ともよろしくご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

社会福祉法人 多伎の郷 理事長
中山 博識

【 法人本部 】
〒699-0903 島根県出雲市多伎町小田50番地3
TEL:0853-86-2030 FAX:0853-86-2972

沿革

  • 平成 6年 5月 社会福祉法人多伎の郷設立
    〔 法人が経営する事業及び開始日 〕
  • 平成 7年 4月 特別養護老人ホーム潮風苑
  • 平成 7年 4月 短期入所生活介護
  • 平成 7年 4月 デイサービスセンターたき
  • 平成 7年 4月 たき訪問介護事業所
  • 平成11年 4月 たき保育園
  • 平成12年 1月 老人保健施設たき
  • 平成12年 1月 訪問看護ステーションたき
  • 平成15年 4月 出雲市介護予防筋力向上事業
  • 平成19年 4月 たき居宅介護支援事業所
  • 平成19年 4月 グループホームはなんばの里(認知症対応型共同生活介護)
  • 平成19年 4月 デイサービスセンターやまもも(認知症対応型通所介護)
  • 平成27年 3月 たき保育園閉園
  • 平成27年 4月 多伎こども園
↑PageTop